デザインテンプレート販売中 >>

strongタグのSEO効果と正しい使い方|太字の乱用はNG!

あなたはブログで記事を書く際、むやみやたらに太字を使っていませんか?

 

「大事なところを読者に分かりやすく強調して何が悪いんじゃー!」

 

と思う人も居るかもしれませんが、実は太字の乱用は読者に対しては良くても、検索エンジンに対しては良くない効果をもたらしてしまうんです!

 

はっきり言って、そこを知らないままブログを運営するのは非常に勿体無い!!

 

そこで今回は、ブログの文字を太字にするstrongタグのSEO効果と正しい使い方を見ていきましょう^^

 

strongタグの使い方がわかるようになれば、アフィリエイターとして1つレベルアップですよ!

 

SEO対策をイマイチ分かっていない人は、先にこっちを読んでください!

当ブログのデザインをあなたのブログにも実装してみませんか?

  • 3月15日ついにリリース
  • デザイン2種を展開
  • 今すぐあなたのブログをオシャレに

strongタグのSEO効果とは?

ご存知の通り、strongタグで文字を囲うと、その文字は太字になります。

 

WordPressでいうのボタンですね!

 

太字になることから、strongタグをただの文字装飾の1つだと思っている人も多く居ますが、実はSEO対策に有効な意味があるものなんです。

 

どんな意味を持つのかと言うと、

 

この記事はこのコンテンツ(キーワード)について書いてますよー!

 

と検索エンジンに主張する効果があるんです!

 

にも関わらず、あれもこれもとstrongタグで囲っていては、検索エンジンがどのキーワードが本当に重要なのか分からなくなってしまいます(^_^;)

 

なので、本当に狙っているキーワードで上位表示を行いたいなら、必要最低限のキーワードにだけstrongタグを使うべきです!

 

まえかわ
まえかわ

当たり前のようにstrongタグを乱用していた人もいるかもしれませんが、それは今日限りでやめましょう!

strongタグの正しい使い方は?

そんなstrongタグの使い方ですが、何も難しいことは一切ありません!

 

要は、狙っているキーワードをstrongタグで囲めば良いだけです。

 

この記事でも、冒頭部分で一箇所使っていましたよね。ココ↓

 

 

この記事で狙っているキーワードは「strongタグ SEO」と「strongタグ 使い方」です。

 

なので、それらをstrongタグで囲いました!

 

ですが、本当は「正しい」という文字は抜いたほうが良いです。

 

狙っているキーワードではありませんからね。

 

なぜ僕がそれでも抜いていないのかと言う理由は、説明すると長くなるので割愛します(笑)

 

簡単にいうと、【僕の好みの問題】なんで気にしないでください^^;

 

ちなみに、「狙ってるキーワードってのがよく分からん」って人は、絶対これ読んどいてくださいね↓

strongタグの使い方の2つの注意点

使い方については、すぐにご理解いただけたと思います。

 

狙っているキーワードを囲うだけなので、簡単ですよね。

 

が、ですね。

 

絶対にやってはいけない使い方もあるので、こっちもちゃんと覚えておいてください!

strongタグを見出しに使わない

こんな使い方をする人はいないと思いますが、見出し内ではstrongタグを使わないでください。

 

見出しにはhタグというHTML含まれており、strongタグと似たようにSEO的に重要な効果があります。

 

そこに更にstrongまで使うと強調に強調を重ねることになりますので、最悪Googleからペナルティを受けて検索結果の圏外まで飛びます∑( ̄Д ̄;)

 

あくまで、strongタグで囲うのは本文中の文章だけだと覚えておいてください!

strongタグで同じキーワードを何度も囲わない

狙っているキーワードは必然的に記事で何度も登場しますが、それら全てをstrongで囲っても検索順位は上がりません。

 

むしろ、同じキーワードを何度もstrongタグで強調していると、先ほどと同じようにGoogleからスパム認定を受けてペナルティになる可能性があります。

 

同じキーワードを囲うのは1度だけと覚えておきましょう。

 

まえかわ
まえかわ

キーワードを囲う場所は僕のように記事の冒頭である必要はありません!どこでも大丈夫です!

strongタグの代わりとなる太字はある?

ここまで読んでくれた人の中には、strongタグの使い方は分かったものの太字が使えないと不便だと感じる人も多いハズ。

 

正直、僕もSEO対策の勉強をするまでは乱用しまくってたので、その気持ちは痛いほど分かります(笑)

 

一応ですね、CSS装飾で太字にすることは全然可能です。

 

ただ、そのやり方はここでは一切紹介しません。

 

何故なら、わざわざそんなことをする必要がないからです。

 

実際に、あなたはこの記事をここまで読んでくれていますが、この記事で太字があったのは冒頭部分の一箇所のみですよね。

 

その後は一切太字を使っていません。

 

ですが、こうしてあなたは約2,000文字もあるのに、ここまで読んでくれています(_ _*)アリガト

 

つまり、太字を使うことはそれほど重要ではないと言うことです。

 

結局、太字を使っても使わなくても、読まれないときは読まれません。

 

ブログで本気で稼ぎたいなら、そんな装飾よりもコンテンツに注力しましょう!

 

【見た目はただの自己満足】です。

 

まえかわ
まえかわ

僕は太字を使いたくなった時、よく【】これで対応してます!これで囲うだけでも意外と強調できますよー!

 

次に学びたいSEO対策はこれです↓

⇒キーワード比率

アフィ

2017年8月にブログをスタート。
1つの特化型ブログで月間75万PVを達成し、現在では複数の特化型ブログから安定的に月収50万円以上の収入を確保しています。
詳しく

アフィをフォローする

当ブログのデザインをあなたのブログにも実装してみませんか?

  • 3月15日ついにリリース
  • デザイン2種を展開
  • 今すぐあなたのブログをオシャレに
アフィリエイトの基礎知識
アフィをフォローする
アフィブログ

コメント