デザインテンプレート販売中 >>

Pretty Linksの使い方|クリック数の測定が簡単にできるプラグイン

「WordPressに設置したこのリンク、どれぐらいクリックされてるんだろう?」

ブログ運営を行っていて、このような疑問を持ったことはありませんか?

内部リンクやアフィリエイトリンクなど、記事内に挿入したリンクはきちんと意図したとおりに読者さんがクリックしているのか気になりますよね。

このページでは、そんなWordPressのクリック数の測定が簡単にできるプラグイン、Pretty Linkの使い方をご紹介していきます。

当ブログのデザインをあなたのブログにも実装してみませんか?

  • 3月15日ついにリリース
  • デザイン2種を展開
  • 今すぐあなたのブログをオシャレに

Pretty Linksプラグインでできること

アフィ
アフィ

Pretty Linksでは、以下のことが行なえます。

  • 特定のリンクのクリック数計測
  • 特定のリンクをクリックしたユーザー数の計測

実際の集計画面はこのようになっています。

どのリンクを何人が何回クリックしたのか、ひと目で分かります。

Pretty Linksの使い方

アフィ
アフィ

ここからはPretty Linksの使い方を見ていきましょう。

Pretty Linksプラグインのインストール

まずは、Pretty Linksプラグインをインストール&有効化させましょう。

Pretty Links

WordPressのプラグインのインストール方法|手動&FTPのやり方も解説
このページでは、WordPressのプラグインのインストール方法を紹介しています。 プラグインのインストールはWordPressを使っていく上で必須のスキルですので、是非この機会に色々なプラグインのインストール方法があることを覚えてお...

Pretty Linksの設定

プラグインの有効化が完了したら、ダッシュボードに追加されたPretty Linksの中にある新規追加をクリックします。

 

計測可能なリンクの作成画面になりますので、以下を見ながら必要箇所を入力します。

  • Redirection
    リダイレクトの種類です。307を選択します。
  • Target URL
    ⇒リンク先のURLを入力します。
  • Pretty Link
    ⇒ここで入力した文字列がPretty Linkで生成したリンクになります。もともとデフォルトで何かしらの文字列が入力されているので、それをそのまま使っても問題ありません。
  • Notes
    ⇒何かメモすることがあれば入力します。(読者さんには見えません)

 

入力が終わったら、Updateをクリックします。

Pretty Linksで生成したリンクの設置

ここまでの工程で計測可能なURLが生成されています。

コピーアイコンをクリックしましょう。(クリックするだけでコピーされます)

 

記事作成画面にて、必要箇所にリンクを挿入して記事を公開または更新しましょう。

クリック数・クリックユーザー数の集計確認

しばらくして読者さんがリンクをクリックすると、Pretty Linksのダッシュボード内の数値カウントが増えていきます。

ダッシュボード内のPretty Linksをクリックしてみてください。

 

読者さんがクリックしていれば、このように左側にクリック数、右側にクリックしたユーザー数が表示されます。

例えば、1人のユーザーが2回リンクをクリックした場合には、「2/1」と表示されます。

Pretty Linksの活用術

アフィ
アフィ

ただクリック数・クリックしたユーザー数をカウントするだけでも便利ですが、更に一歩踏み込んだ使い方も覚えておくといいでしょう。

A/Bテストに使える

Pretty Linksを使って、A/Bテストを実践することも可能です。

例えば、メルマガ登録を促すリンクを作成した場合、以下の2つのどちらの文言のほうがクリックされやすいかテストします。

  • 今すぐメルマガに登録する
  • 今すぐ無料でメルマガに登録する

「無料で」という文言が入るかどうかの違いだけですが、実際にはこの「無料で」という文字があるかないかというだけで、クリック率は大幅に変わってきます。

また、リンクの装飾や文字色・背景色の色など、細かな要素を変えるだけでもクリック率は大幅に向上し、その結果ブログ全体の売上も変わってきます。

1週間や1ヶ月など期間を決めて、Pretty Linksで2つのコードを作って差し替えながらテストしてみると良いでしょう。

WordPressの短縮URL作成にも使える

日本語ドメインや、日本語のパーマリンク構造の場合、自分のサイトのURLを共有しようとすると、「https://ドメイン名/E2%A3%E3%83%82%A3%E3%83%B」と言ったように長いURLになってしまいます。

長いURLでもアクセスこそできるものの、これではあまりに不格好ですよね。

そんなときもPretty LinksでURL構造を指定すれば、ドメイン名は変わらず自分の任意のULRに変更することが可能です。

アフィ

2017年8月にブログをスタート。
1つの特化型ブログで月間75万PVを達成し、現在では複数の特化型ブログから安定的に月収50万円以上の収入を確保しています。
詳しく

アフィをフォローする

当ブログのデザインをあなたのブログにも実装してみませんか?

  • 3月15日ついにリリース
  • デザイン2種を展開
  • 今すぐあなたのブログをオシャレに
プラグインの使い方
アフィをフォローする
アフィブログ

コメント