稼げないブログジャンル11個を一挙大公開|これを選ぶと修羅の道!

あなたが本当にブログで稼ぎたいのであれば、これから紹介するジャンルを選ぶと、まず稼げずに脱落してしまうのでご注意ください。

 

稼げない理由は明白で、ブログ初心者のあなたが参入してもライバルが強すぎて勝負にならないからです。

 

その難易度と言ったら、軽トラでナンパに出掛けるようなもの(笑)

 

そこでこの記事ではブログ初心者が稼げない11のジャンルを一挙大公開していきますので、本気でブログで稼ぎたいならこのジャンルは選ばないでください!

 

まえかわ
まえかわ

ジャンル選定を間違うと、いくらガッツのある人でも初心者脱落組に入ること間違いなしです!

稼げないブログジャンル11個はコレ!

まず結論からぶっちゃけると、初心者だとまず稼げない11のブログジャンルはこんな感じ。

 

商品金額が高いものだったり、継続課金が必要なものはライバルが強い傾向があります。

 

  • 金融関連:クレジットカード、キャッシングなど
  • 投資関連:投資、株式、FXなど
  • 不動産関連:住宅購入、リフォームなど
  • 求人関連:求人、転職など
  • ダイエット関連
  • 保険関連
  • 出会い系
  • 通信講座
  • 脱毛
  • ウォーターサーバー
  • 青汁

 

これらのジャンルはとにかくライバルが強いので、最初のうちはやめてください。

 

なぜライバルが強いのかと言うと、報酬単価がとても高く、上位表示ができればビックリするぐらい稼げるからです。(月に1,000万超えとか全然ありえる話)

 

普通に考えても、ブログ運営に長けた上級者がこのような美味しい市場を見逃すはずがありませんよね。

 

そのような激戦区に何の知識もないあなたが飛び込んでも、120%勝つことはできません。

 

書いても書いても書いても書いても書いても書いても、稼げるようにはならないので、まずはライバルが比較的弱いジャンルから狙っていくのが無難です。

 

初心者でも稼げるブログジャンルの探し方は?

初心者でも稼げるブログジャンルというのは、とにかく上級アフィリエイターが参入していない市場です。

 

市場そのものが小さかったり、ASPアフィリエイトの案件が無かったりすると、基本的に上級者は参入してきません。

 

選び方のポイントをまとめるとこんな感じ。

 

  • 先に紹介した激戦区は避ける
  • 大きすぎる市場は避ける
  • ASPアフィリエイトの案件がたくさんある市場は避ける

 

なので、個人的におすすめしているやり方は、まずはASP案件が少ないジャンルを攻めてGoogleアドセンスで稼いでいくという手法です。

 

もちろんこれが誰にでも当てはまる正しいやり方と言うわけではありませんが、初報酬も比較的早い段階で発生しますし、上級ライバルと正面切って戦うこともありませんので安定した収益も期待できます。

 

まえかわ
まえかわ

1番避けたい事態は報酬がずーーっと0でメンタルを維持できず脱落することなので、初報酬が早い段階で発生することは結構重要です!

 

「理屈は分かった!でもそれは一体どんなブログなんじゃーい!」

 

きっとあなたもこう思ったはず(笑)

 

そこで、1つ具体例を挙げてみましょう。

 

例えば、地元の観光地や施設を紹介することに特化した「地元ブログ」は、初心者に特におすすめです。

 

基本的にASPアフィリエイトと絡めにくいですし、特定の地域に特化した市場にライバルがこぞって集まることは考えにくいですよね。

 

なので、初心者の人ほどこういったブログを作っていくのがおすすめです。

 

・・・。

 

とは言っても!ですよ?

 

それさえ決めれないのがブログ初心者ですよね(笑)

 

僕もブログを始めるときはそうでした。

 

「うんうん。なるほどね。」

 

「で?僕は何について書けばいいの?」って感じ(笑)

 

自分がそうだったから分かりますが、初心者のうちってほんとこんな感じなんですよね。

 

色々アドバイスは受けるものの、結局決められない進まない。

 

それがしばらく続いて辞めてしまう。

 

別にあなたがブログで稼ぐのを辞めようが続けようが、正直なところ僕はどっちでも良いんです。←

 

でも、せっかくこうしてこのブログに足を運んでくれて、こんな長い文章を読んでくれている訳なので、やっぱり何かしら得てほしいと思うのがブログ運営者と言うもの。

 

そこで用意しましたよ!

 

「僕が今から始めるならこんなブログをやる」っていうブログジャンル達を!

 

実際にあなたがやるかどうかは別として、どんなジャンルなのかを見るだけでも、これからあなたがブログジャンルを選定する際の1つの指針となることは間違いありません。

コメント