本当は教えたくないお宝KW発見ツール >>

グッドキーワードの使い方|アクセスが集まるキーワード選定!

このページでは、キーワード選定時に大活躍するグッドキーワードの使い方をご紹介していきます。

具体的なキーワード選定の手順もご紹介しますので、アクセスを集める記事を書きたい方は是非最後までご覧ください。

▽ グッドキーワードはこちら

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!
お宝KW発見ツール

ブログで稼ぐためにはキーワード選定が重要

「ブログで成果が出ない!」という人の特徴の1つに、キーワード選定が正しく行えていないということが挙げられます。

どれだけ良質な記事を書いていたとしても、読者さんに読まれなければ収入は発生しません。

  • 書きたいように記事を書いている
  • キーワードをそこまで意識していない
  • でも、アクセスはほしい

という人は、この機会に正しいキーワード選定を学んで、アクセス・収益のあるブログを作っていくと良いでしょう。

グッドキーワードのメリット・デメリット

アフィ
アフィ

グッドキーワードを上手に使ってブログにアクセスを集めるには、まずはグッドキーワードの・デメリットから理解しましょう。

グッドキーワードのメリット

ブログを書く際に虫眼鏡キーワードや、サジェストを見ている人も少なくないと思います。

【虫眼鏡キーワードとは?】
虫眼鏡キーワードとは、とあるキーワードに関連するキーワードのこと。「たこ焼き」というキーワードの場合、「明石焼き」「たこ焼き レシピ」などの虫眼鏡キーワードが表示される。

▽ 虫眼鏡キーワード

虫眼鏡キーワード

 

【サジェストとは?】
サジェストとは、とあるキーワードと一緒に検索されているキーワードのこと。「卵」というキーワードの場合、「卵料理」「卵スープ」などのサジェストキーワードがある。

▽ サジェスト

サジェスト

 

このようなキーワードを参考に記事を書いていくのももちろん非常に有効ですが、虫眼鏡やサジェストに表示されない関連キーワードも拾えるのがグッドキーワードです。

そういった細かなキーワードも記事内に散りばめることで、よりたくさんのキーワードでの流入が見込めます。

グッドキーワードのデメリット

グッドキーワードを使うことで、よりたくさんの関連キーワードを見付けることができますが、デメリットもあります。

それは、リアルタイムな関連キーワード取得には向いていないということです。

短時間で一気に検索需要が上がるニュースネタなどのキーワードはデータ収集までに時間差がありますので、すぐにはグッドキーワードのデータには反映されません。

そのため、トレンドブログなどで稼いでいきたい人は

  • Yahooニュース
  • Twitter
  • 虫眼鏡キーワード
  • サジェスト

などのキーワードを利用してキーワード選定を行ったほうが、リアルタイムデータを活用したキーワード選定ができると言えます。

good keywordの使い方

アフィ
アフィ

グッドキーワードを制して、キーワード選定を制しましょう。

まずは、グッドキーワードにアクセスして何でも良いので単語を入力して検索をクリックしてみてください。

 

すると、このように色々なデータが一覧表示されるはずです。

1つ1つの項目の見方を一緒に見ていきましょう。

全データ

画面右側には、検索したキーワードのサジェストが全データとして表示されます。

既に重複データは削除されていますので、ここに表示されているデータを全コピーしてGoogleアナリティクスにペーストすることで、検索ボリュームを調べることが可能です。

ブログのキーワード選定|アクセスが集まるKWの探し方・決め方
...

人気度の動向

人気の動向では、入力したキーワードの検索ボリュームを期間別で見ることができます。

グラフが右肩下がりになっている場合には、トレンドが下降しているということですので、狙うキーワード自体を見直すことも視野に入れたほうがいいかもしれません。

また、Google Trendsをクリックすることで、そのキーワードの期間別の検索ボリュームをより詳細に確認することができます。

アフィ
アフィ

「おせち」や「プール」といった季節ごとに大きく変動のあるキーワードはどうしても需要期間以外は検索ボリュームが小さくなります。

サジェスト結果

サジェスト結果では、入力したキーワードと一緒に検索されているサジェストワードを一覧で確認することが可能です。

ここで重要なことは、不自然にならない範囲でこのサジェストワードを記事内に取り入れることです。

サジェストが出ているということは、そのキーワードで実際に検索しているユーザーがいるということですので、記事内にサジェストワードを散りばめることで、そういったサジェストで検索したユーザーの流入も見込めるようになります。

アフィ
アフィ

サジェストを記事内にたくさん盛り込むことができれば、結果的に1記事でたくさんのアクセスを稼げるようになります。

また、キーワードの横に「G B Y」というボタンがあり、これをクリックすることで、それぞれの検索結果を確認することができます。

  • G=Googleの検索結果
  • B=Bingの検索結果
  • Y=Yahooの検索結果

複合キーワードでの検索

グッドキーワードは一語だけではなく、複数キーワードで検索をかけることも可能です。

キーワードが増えれば増えるほど検索ユーザーの検索意図も明確になっていきますので、よりターゲットを絞り込んだ記事作成が可能となります。

  • 「ダイエット」:ダイエットしたい人?
    ⇒検索意図が不透明
  • 「ダイエット 夜」:晩ごはんだけでダイエットしたい人?
    ⇒検索意図が不透明
  • 「ダイエット 夜 食事」:ダイエットの時の晩ごはんについて知りたい人!
    ⇒検索意図が明確
アフィ
アフィ

複合キーワードのほうが上位表示が簡単ですので、複合キーワードで上位表示を狙っていくのがおすすめです。

アクセスを集めるキーワード選定術

ブログにアクセスを集めたいのであれば、グッドキーワードで得られたサジェストワードの活用は欠かせません。

僕自身もブログにきちんとキーワードを取り入れることで、少ない記事数であっても大きなアクセスを稼いでいます。

 

グッドキーワードで得られたサジェストワードを使って、具体的にどうやって効率的にアクセスアップを狙うのかについては『ブログのキーワード選定』で詳しく解説しています。(記事内では別のサジェストツールを使っています)

ブログのキーワード選定|アクセスが集まるKWの探し方・決め方
...

コメント