デザインテンプレート販売中 >>

All-in-One WP Migrationの容量制限を有料版を使わずに回避する3つの方法

All-in-One WP Migrationプラグインの容量制限に引っかかってしまい.wpressデータをインポートできないとお悩みではありませんか?

有料版のAll-in-One WP Migration Unlimited Extensionを購入すれば直ぐに解決できますが、できればお金はかけたくありませんよね。

このページでは、そんなAll-in-One WP Migrationの容量制限を有料版を購入せずに回避する3つの方法をご紹介します。

当ブログのデザインをあなたのブログにも実装してみませんか?

  • 3月15日ついにリリース
  • デザイン2種を展開
  • 今すぐあなたのブログをオシャレに

All-in-One WP Migrationのインポート上限容量

All-in-One WP Migrationのインポート上限容量について先に知っておきましょう。

利用しているサーバーによって上限容量は異なりますが、基本的にインポートできる上限容量は30MB~64MBということが一般的です。

  • Xサーバー:64MB
  • Mixhost:64MB

これ以上の容量になってしまうと、通常であれば有料版($69)のAll-in-One WP Migration Unlimited Extensionプラグインを購入しなければインポートできません。

All-in-One WP Migrationの容量制限エラーを回避する方法

アフィ
アフィ

容量制限エラーを回避するには次の3つの方法があります。

.htaccessファイルを更新する

最も簡単な方法が、.htaccessファイルを更新することです。

.htaccessファイルは普段あまり触ることのないファイルですが、今回はこちらを触ります。

なるべく手順を簡略化するために、今回は「WP Htaccess Editor」プラグインを利用します。

WP Htaccess Editor

 

先にインストール&有効化をお済ませください。

WordPressのプラグインのインストール方法|手動&FTPのやり方も解説
このページでは、WordPressのプラグインのインストール方法を紹介しています。 プラグインのインストールはWordPressを使っていく上で必須のスキルですので、是非この機会に色々なプラグインのインストール方法があることを覚えてお...

 

WP Htaccess Editorプラグインのインストールが完了したら、ダッシュボードの設定の中にあるWP Htaccess Editorをクリックします。

 

I understand. Enable the editor.(分かりました。エディターを有効にします。)をクリックします。

 

ちなみに、この英文にはこういったことが書かれています。

.htaccessファイルを編集するときは注意してください!このプラグインは、変更を加えるたびに自動バックアップを作成します。 バックアップを復元する方法の詳細な手順は上のボックスにあります。

 

Htaccessエディターに下記のコードを追記して、Save Changesをクリックします。

php_value upload_max_filesize 128M
php_value post_max_size 128M
php_value memory_limit 256M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

アフィ
アフィ

これで128MBまでの.wpressデータがインポートできるようになりました。

wp-config.phpファイルを更新する

契約しているサーバーのwp-config.phpファイルを更新することで容量制限を開放することも可能です。

今回はXサーバーを例に進めていきましょう。

まずは、Xサーバーのインフォパネルにログインします。

インフォパネルログイン

 

サーバー管理をクリックします。

サーバー管理

 

php.ini設定をクリックします。

php.ini設定

 

下記のとおりに各項目を変更し、確認画面へ進むをクリックします。

  • max_execution_time:300
  • max_input_time:300
  • memory_limit:256M
  • post_max_size:128M
  • upload_max_filesize:128M

 

もしも、直接wp-config.phpを書き込むタイプのサーバーであれば、下記を追記して下さい。

@ini_set( 'max_execution_time', '300' );
@ini_set( 'max_input_time', '300' );
@ini_set( 'memory_limit', '256M' );
@ini_set( 'post_max_size', '128M');
@ini_set( 'upload_max_filesize' , '128M' );

 

変更するをクリックします。

アフィ
アフィ

これで128MBまでの.wpressデータがインポートできるようになりました。

ホスティングプロバイダーに連絡する

これまでの2つの方法で解決が可能ですが、みなさんが使っているホスティングプロバイダーへ連絡することで容量制限を増やすことも可能です。

この方法は時間もかかりますし、カスタマーサポートとのやり取りも煩雑なのであまりおすすめはではありません。

All-in-One WP Migrationでエラーが発生したら

ここまでに紹介した手順でAll-in-One WP Migrationの上限容量を解放できました。

上限制限によりインポートに失敗していた人は、これでインポートができるようになっているはずです。

なお、All-in-One WP Migrationでインポート時・エクスポート時にエラーが出る場合もあります。

その際の解決策も『All-in-One WP Migrationの全エラー解決策』にて紹介していますので、エラーによってうまくWordPressの引っ越しができない人は併せて参考にしてみてください。

All-in-One WP Migrationの全エラー解決策|インポートできない・エクスポートが終わらないetc...
All-in-One WP Migrationでインポートできない All-in-One WP Migrationでエクスポートが終わらない All-in-One WP Migrationプラグインを使っていて、上記のようなエラーにお悩...
アフィ

2017年8月にブログをスタート。
1つの特化型ブログで月間75万PVを達成し、現在では複数の特化型ブログから安定的に月収50万円以上の収入を確保しています。
詳しく

アフィをフォローする

当ブログのデザインをあなたのブログにも実装してみませんか?

  • 3月15日ついにリリース
  • デザイン2種を展開
  • 今すぐあなたのブログをオシャレに
プラグインの使い方
アフィをフォローする
アフィブログ

コメント